皮膚の真皮に存在するコラーゲンと同じように、この筋肉の働きも歳を取るに従い低下してしまいます。

現代社会に暮らしている私達には、身体の内部には人体に良くない影響をもたらすケミカルな物質が蓄えられ、更に私たちの体の中でも活性酸素が生まれていると言い伝えられている。
日本皮膚科学会の判別の目安は、@掻痒感、A固有の皮疹とその配置、B慢性的で反復する経過、3点全部当てはまる疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と称している。
20才を越えてから出来る難治性の“大人ニキビ”の症例が増加しているようだ。
もう10年間こういった大人ニキビに困っている多くの人が皮膚科の医院に来ている。
心臓から離れている下半身は、重力が関わってリンパ液の流動が悪くなることが一般的だろう。
というよりも、下半身の浮腫はリンパ液がほんの少し滞っていますよというしるし程度のものだと解釈するほうがよい。
ホワイトニングは、メラニン色素の沈着が少ない、より一層白い肌を重視した美容分野の価値観、又、このような状態の皮膚のことだ。
主に顔面の皮膚について使用される言葉である。
明治末期に外国から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋風の格好、洋風に使う化粧品・美顔術などを紹介すると、これらを新たに表現する日本語として、美容がけわいの後釜として扱われ始めた。